歯列矯正の治療期間を短縮する方法

摩擦抵抗の少ない装置の使用

 ワイヤーとブラケットの摩擦抵抗の少ない装置を使用することにより、治療期間を約30%ほど短縮することが可能です。また、従来の来院頻度は平均月1回ですが、この装置を使用した場合1ヶ月半〜2ヶ月に1回の来院となります。ブラケットは金属製のものとなります。

従来の矯正装置 摩擦抵抗の少ない装置


外科処置の併用(コルチコトミー)

 外科的に歯を支える骨にきざみを入れ、歯の移動を速やかにする方法です。これも治療期間が30%ほど短縮します。矯正後の後戻りを起こしにくい等の利点もありますが、欠点として外科処置後、一般的に施術部位周辺が1〜2週間ほど腫れることと、1〜2日の入院が必要となる場合もあります。

インプラント矯正 - インプラントを併用する矯正

 インプラント矯正は、前歯を後ろに下げる必要のある患者さんに効果的です。奥歯の一部に、小型のインプラントを植立し、固定源として使用することにより歯の移動を行う方法です。
 ヘッドギアや、口腔内ゴムの使用は激減、または必要なくなります。症例により治療期間は、半分くらいで終了します。矯正治療後、インプラントは撤去します。手術は短時間で終了し、非常に安全な方法です。

症例1
症例2

インプラント矯正の適応年齢
通常、骨がしっかりする16歳以上に患者様に用います。
インプラント矯正の費用について
インプラントの種類と医院の差により数万円〜10万円の幅があります。又、埋入の本数を患者様の状態や行う内容により異なります。
インプラント矯正の留意点
  • インプラント周囲の炎症・・・
    埋入部位が不衛生な場合、炎症をおこす場合があります。歯ブラシの時のインプラント周囲の軽いブラッシングやうがい薬等を使用し清潔に保つことが必要です。
  • インプラントの脱落・・・
    矯正用のインプラントは、永久に使用するものではないため、骨とは結合しないように作られています。その為、治療中にゆるんだり、脱落する可能性があります。
わかる矯正歯科

杉山矯正歯科医院ロゴ 杉山矯正歯科医院 杉山晶二
東京都渋谷区神宮前4-16-3 B1
03-5411-4450
* KAZ矯正歯科 高橋 和明
東京都千代田区神田神保町2-9
0120-418-704